企業情報

ニュースリリース

ゴーガ、"地図の古老"こと森亮氏を技術顧問に招聘
オープンソースGISのソリューション提供を拡大本格化

2016年4月15日

 株式会社ゴーガ (本社:東京都港区、代表:小山文彦) は4月15日、高品質のオープンソース地理空間ソフトウェアの支援と構築のために設立され、オープンソースプロジェクトの利用と開発を促進する非営利組織であるOSGeo財団 (http://www.osgeo.org/) の日本支部代表者を務める森亮(もり とおる)氏が、同社の技術顧問に就任することを発表しました。

 森亮氏は、株式会社アルプス社 (現ヤフー株式会社の地図部門)、米MapInfo Corporationを経て、2002年に株式会社オークニーを設立し、日本で初めてオープンソースによる地理情報システム事業を展開しました。会社経営の傍ら、『入門Webマッピング』(Tyler Mitchell原著;オライリー・ジャパン発行) の翻訳、OSGeo財団日本支部の代表者も努めています。その後、米Salesforce.comからの出資を受けて、クラウドサービス事業への業態転換を行い、営業支援クラウドサービスOrkney Upwardを国内有数の地図ソリューションとして成長させました。2016年に合同会社CUNEMOを設立し、これまでの豊富な経験を活かし、位置情報とモビリティ関連の事業支援を精力的に行っています。

 株式会社ゴーガは、あらゆる地図ソリューションを企業が利用しやすい形にして提供することを目指す、地図ソリューションのリーダーシップ企業です。Google Maps APIの販売代理店として、日本国内での利用促進を進めたほか (JAPAC Partner of the Year 2013 for Google Mapsを受賞)、オープンソースソフトウェアの活用にも尽力してまいりました。このたび、いっそうの広がりを見せるオープンソースGISの取り組みを強化するため、"地図の古老"と敬愛され、地図ソリューションにおいて国内有数の識者である森亮氏を技術顧問に招聘し、オープンソースGISに関する活動を大きく強めていくことにコミットメントいたします。

■関連リンク

株式会社ゴーガの業務内容

  • 企業向け地図システムの開発
  • 地図系スマートフォンアプリの開発
  • クラウド活用支援サービス
  • ビッグデータコンサルティング
  • Google Maps APIプレミアムプランの販売
  • Esri ArcGIS製品の販売
  • 各種地図ソリューションの販売および導入