システムデザイン

iPhoneアプリ開発

高品質でデザイン性の高いiPhoneアプリを開発

Appleの「iPhone」は、全世界で注目を集め、日本では最も人気のあるスマートフォンです。ゴーガでは、iPhone向けアプリの開発を行っています。

スマートフォン向けのOSでは、iPhoneの「iOS」とGoogleが提供するAndroidが人気を二分しています。日本では、OS別のシェアでiOSが65%を占め、iPhoneが最も人気のあるスマートフォンとなっています。また、2015年に登場した「iPhone 6s」では、ディスプレイを押し込むことで様々な操作ができる「3D Touch」を搭載するなど、最先端機能をいち早く取り入れるのもiPhoneの特長です。そのため、スマートフォンアプリの提供を検討する上では、iPhoneアプリが第一の選択肢となるでしょう。

ゴーガでは、これまでの自社開発および受託開発の経験とノウハウを活かし、iPhoneアプリ開発のソリューションを提供しています。新しいプログラミング言語の「Swift」や従来からのObjective-Cを用いたアプリ開発をはじめとして、企画やアプリストア「App Store」への申請まで、ワンストップでお任せいただけます。

スマートフォンアプリ用のGoogle Maps API「Google Maps Mobile SDK for Work」を使って、地図や位置情報を活用するアプリを開発することも可能です。また、既存のAndroidアプリからiPhoneアプリへの移植についてもご相談ください。

システム開発費用と期間

内容 費用 実施期間
iPhoneアプリ開発 100万円~ 1か月~
iPadアプリ開発 100万円~ 1か月~
iPhoneアプリ プロトタイプ開発 50万円 2週間