システムデザイン

メッシュデータ表示システム

概要

メッシュデータとは、地域を一定の区画に細分化し、区画ごとに集計を行ったデータのことです。国勢調査をはじめとした各種統計の調査結果を元に作成され、区画ごとのエリア特性が一目で分かるように表示することができます。ゴーガでは、細密数値情報表示システム(メッシュデータ表示システム)の開発を行っています。

メッシュデータの特徴は、調査結果と地図を重ね合わせることで、視覚的に分かりやすくデータを表示できることです。例えば、ある地域の商業者の分布や活動状況を色分けして表示することにより、その地域の商圏分析を行うことなどが可能です。

また、メッシュデータの作成に用いる地図としては、Google Maps APIを採用することができます。無料で利用可能なGoogle Maps APIを組み合わせることで、データさえあればメッシュデータを自社のウェブサイトに掲載することが可能になります。ゴーガでは、データマイニング等の統計に関するノウハウと、Webサイト構築の実績を活かし、細密数値情報表示システム(メッシュデータ表示システム)の開発および提供を行っております。

開発サンプル

メッシュデータ表示システムの開発費用と期間

内容 費用 実施期間
メッシュデータ表示システム開発 100万円~ 1か月~
ウェブアプリケーション開発 100万円~ 1か月~
Ruby on Railsによるウェブアプリケーション開発 100万円~ 1か月~
Ext JSによるウェブアプリケーション開発 100万円~ 1か月~